胸毛処理をして、海水浴やプール、そのほかのスポーツに出かけることと思います。

 

もしくはデートのためでしょうか?

 

特に海やプールに出かけるときの注意点をお伝えしたいと思います。

胸毛処理をしたあとの海水浴やプール

人前で上半身が裸になることは毛が気になってなかなかできません。

胸毛 プール 海水浴

私は処理したあとでも、

「また生えてきているのではないか?」

「実はバレているのではないだろうか?」

とあまり意味のない心配をしてしまいがちです。

 

しかし、しっかりと処理しておけばその心配はしなくても大丈夫です。

 

それ以上に気をつけたいのが【肌の状態】です。

 

特に剃ったり脱色したり、ワックスを使って脱毛した場合には、かなり肌を痛めています。

 

これは自然に反することをしているので当然で、ある程度は仕方がないことですね。

 

例えば、水泳や海水浴に出かける前日に脱色や脱毛をすると、胸毛処理で肌が痛み、まだ修復されていない状態で刺激を与えてしまうことになります。

 

特に脱色はヒリヒリしたのを覚えています。

肌に合ってなかったのかもしれませんね。

 

海水浴やプールで刺激を受けるものは

  • 紫外線
  • 海水による刺激
  • プールの塩素による刺激

 

大きくはこの3つが挙げられます。

 

私も経験があるのですが、脱色した翌日にプールや海に入ると、かなりヒリヒリします。

 

大げさな言い方ですが、傷口に塩を塗るのと同じになります。

 

そこまでの痛みではありませんが、ヒリヒリして不快感がありますね。

 

しかも紫外線による日焼けが追い討ちを掛けてしまいます。

胸毛処理は海水浴などの数日前にしておきましょう

「明日、海に行くから」と言って、前日に処理するのは避けましょう。

 

いきなり前日に予定が決まりやむを得ない場合もあるかと思いますが、予定がわかっているのであればある程度早めにしておきましょう。

 

3日前までにやっておくと、3日間で荒れた肌が修復されているので、前日にするよりは全然いいと思います。

 

特に海水浴やプールということは強い日差しが予想されますし、海水の場合は塩分にも触れることになりますよね。

 

私の場合は3日前に処理しておき、肌が修復される期間を設けるようにしています。

 

これは私が経験的にそうしているだけなので、もっと前にしたほうが良い人もいるとは思います。

 

若い間は新陳代謝も良く、肌の修復が早いのですが、年齢とともに弱くなっていきます。

 

海水浴やプールに行く前の胸毛処理には充分な肌の休息期間を設けたいものですね。

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記