ケノンを含めた家庭用脱毛器は産毛には効果が期待できません。

 

私のように普段から脱毛の詳しいことまで無頓着だった人間からすると「なんで?」という疑問が出てきますよね。

 

通常、毛を剃ったり抜いたりするには細い方が楽で、毛が太くなるにつれて剃りにくくなりますし、抜くにくくなります。

 

そういった、私たちの常識とは裏腹に光(フラッシュ)脱毛という方式を使った家庭用脱毛器は、産毛には効果が期待できません。

家庭用脱毛器で産毛が処理できない理由

これは照射するレーザーや光の性質によるものです。

産毛 光脱毛

光脱毛で照射する光はメラニン色素に反応するものです。

 

毛が黒いのはメラニン色素があるからなのですが、これに特殊な光を当てることにより毛に熱が発生します。

 

そして毛の元となる毛乳頭細胞を焼ききることで脱毛し、次に生えてくる体毛を薄くする仕組みです。

 

この光は黒いものに反応するのですが、夏場の暑い日を想像してみてください。

 

夏場は太陽の光を吸い込んで熱を発生させるのは色が濃いものです。

黒がもっとも熱くなります。

 

同じ車種の車でも黒と白では室内の温度は全然違います。

 

これと同じように考えるとわかりやすいのですが、黒くて太い毛ほど光を吸収するということです。

 

逆に、細くて薄い毛には光が吸収されず、熱も発生しません。

 

結果的に毛母細胞に熱が届かなくて、毛根を弱らせるまでには至りませんね。

 

ですから、光脱毛の家庭用脱毛器の場合には産毛のような薄い体毛には効果が期待できません。

産毛を脱毛するにはエステなどを利用しましょう

産毛までこの方式で処理してしまおうと思うと、家庭用では限界があります。

 

脱毛エステで行われている同じ方式のものなら出力が大きいので、産毛でも処理することが可能なのです。

裏を返せば、剛毛の人には効果が期待できるということです。

 

私のように剛毛の胸毛には効果大ですね。

 

産毛の人は家庭用脱毛器よりも、大豆エキスなどが入った抑毛剤などを使うと、脱毛効果と抑毛効果が期待できます。

 

薄い毛にはこちらの方が効果的なのかもしれませんね。

 

また、エステの場合にはメンズエステなどで相談してみると良いでしょう。
1,000円で始める胸毛脱毛!MEN’S TBCはこちら

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記