家庭用脱毛器のデメリットについて少しお話ししたいと思います。

 

このサイトでご紹介しているケノンと同じように光脱毛を利用した家庭用脱毛器には、共通するデメリットがあります。

 

自宅で好きなときに何度もできたり、脱毛エステなどと同じ方式なのに安くできる反面、やはりエステサロンに比べると劣るところもあります。

 

いろいろな脱毛処理の方法があるのですから、どの方法でも一長一短があって当然です。

 

そのあたりを総合的に見てどれを選ぶかということになります。

家庭用脱毛器を使用するデメリット

マイナスの要素は以下の通りです。

  • 熱い
  • 時間がかかる
  • ムラが出る可能性がある

光脱毛は熱い

光脱毛はエステも家庭用も同じで、メラニン色素にのみ反応する光を照射し、毛の中でメラニン色素に反応して熱に変わり、毛根を焼き尽くすという仕組みです。

 

ですから、熱いのは当然と言えます。光脱毛 デメリット

 

熱さは出力を調整することである程度軽減することができます。

 

自分が無理のないところに抑えることが重要でしょう。

 

毛にだけ反応するので火傷をするということはありません。

 

また、肌が熱を持つので説明書には肌を冷やしながら行うように指示があります。

 

脱毛エステなら業務用の冷却装置があるので楽なのですが、そこは自宅用の機器なのでその程度の手間は必要になってきます。

家庭用脱毛器のデメリット「時間がかかる」

業務用のものに比べると、出力が低いために一回照射したあとの次の照射までに時間がかかってしまいます。

 

これは家庭用と業務用の差です。

 

しかし、移動時間やいつでもできるという使い勝手の良さなどを考慮すると、家庭用の方がトータルの時間は少なく済むかもしれません。

ムラが出る可能性がある

素人がやることなので、照射できていないところも出てくるかもしれません。

 

ここはプロではない自分がやるのでどうしようもありません。

 

散髪を自分でするか理髪店に行くかというところの違いです。

 

しかし、家庭用脱毛器の良いところは何度もできるところです。

 

何度かやっていくうちに慣れてきて、上手にできるようになります。

 

子供の髪の毛を切るお母さんでも、最初はひどいもんですが、慣れてくるとそれなりに綺麗にカットできるようになります。

 

ムラになっているところは、またやればいいだけなのでそれ程気にする必要はないでしょう。

返品保証をしてくれるところもある

以上、いろいろと挙げてみました。

 

どうしても熱さが耐えられなかったり、思ったような効果が得られない場合は、1ヶ月など返品保証をしているところもあるので、そういったところを試してみるのも良いでしょう。

 

どんなものもそうですが、それぞれ一長一短があります。それらを知った上で自分に合ったものを選びましょう。

⇒家庭用脱毛器ケノン公式サイトはこちら

家庭用脱毛器のデメリットについてご紹介しました。

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記