胸毛を剃る(剃毛)の際には、剃ることよりもプレシェーブとアフターシェーブに気を使うことは非常に重要です。

 

プレシェーブは毛を剃る前、アフターシェーブは毛を剃ったあとのことです。

 

今回は剃る前のケアについてです。

 

【関連記事】

胸毛のアフターシェーブのケアには十分な注意をしましょう

 

剃ることはカミソリに任せていればある程度できます。

 

今のカミソリなら安全性も高く、性能も良いので、気をつけていればある程度は綺麗に剃れるからです。

 

しかし、肌のトラブルには十分気をつける必要があります。

 

アフターシェーブの記事内でもお伝えしているのですが、シェービング前後のスキンケアを怠ったために、せっかく毛がなくなった肌が赤くなってしまったり、ブツブツができてしまったり、最悪は化膿したとしたら海やプールどころではありません。

胸毛のプレシェーブで気を付けること

胸毛を剃る前の段階「プレシェーブ」で気をつけることは、カミソリ後よりもシンプルです。

  • お風呂で毛と肌を濡らして柔らかくする
  • シェービングフォームやジェルなどをたっぷりと使う

大切なことは滑りを良くすることと、毛を柔らかくしておくことです。

 

つまり、滑りを良くするためにはカミソリが受ける抵抗をなくすことですね。

胸毛処理 プレシェーブ

毛が硬いと抵抗を受けます。また、肌が乾いていても抵抗を受けます。

 

抵抗が強いと肌に負担がかかります。

 

これらをなくすために、毛を柔らかくしたり、シェービングフォームなどで滑りを良くしておきます。

 

また、肌に潤いを与えることは肌荒れなどのトラブルを軽減します。

 

私自身、シェービングフォームの替わりにボディソープを泡立てて使ったこともあるのですが、これはおすすめできません。

 

すぐに泡が消えてしまい、肌を痛める原因となるからです。

 

ヒゲを剃るときにもやったことがありますが、結果は同じ、ヒリヒリして後で後悔する結果となりました。

 

やはり、シェービングフォームくらいは市販のそれ用のものを使う方がいいです。

 

剃る場所はお風呂場がシャワーもあるし、処理後の毛を流せるのでオススメです。

 

しかし、お風呂場以外でする場合には蒸しタオルを使って肌に潤いと毛を柔らかくしておきましょう。

 

この場合にもシェービングフォームなどは必要です。

 

胸毛を剃毛することはあまりオススメしていないのですが、やはり手軽にできるのでついついやってしまいます。

 

どうせやるなら、最低限のこれらのスキンケアをして少しでも肌荒れを軽減しておきましょう。

 

以上が、胸毛のプレシェーブの方法です。

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記