胸毛のコンプレックスで悩んでいる人は結構多いと思います。

 

最近は、モデル並みにかっこいい男性も増えてきていますし、ムダ毛がほとんどない、ヒゲもない、ツルツルの肌の人も増えてきました。

 

私の若かりしころは20年ほど前になるのですが、そのころから比べても、男性はかなりスマートになりました。

 

全体的に体毛も薄くなっている気がします。

 

そんな世の中ですから、私から見て「あなたのは薄いから気にしなくてもいいんじゃない?」

と思う人でも、周囲から見ると毛深いとなってしまうと、気になるものですね。

 

こういったことは、周りと相対的に見てどう思われるか、または思うかということになります。

 

そこに劣等感が生まれるのですね。

胸毛コンプレックスを効果的に克服するには

そのコンプレックスを克服するためには、

胸毛 コンプレックス

  • 毛を薄くする
  • 脱毛する
  • 気にしないようにする
  • 女性の意見を聞いてみる

これらの対策が挙げられます。

 

胸毛を薄くしたり、脱毛したりして、最終的に毛がなくなる方向に持っていくのが、最もわかりやすい対策ですね。

 

その方法はこのサイトでもお伝えしています。

 

「気にしないようにする」「女性に聞いてみる」というのは、 プラスの材料を探すというとなんですね。

 

気にしすぎるとそれがストレスになってしまいます。

 

それが原因で毛深いだけではなくて、髪の毛まで薄くなっては悲しい限りです。

 

ストレスでホルモンバランスが崩れて、余計に毛深くなる可能性もあります。

胸毛を嫌がる女性は一握り

まずは、周囲は自分が思っているほど、胸毛を気にしていないということを知ることが大切です。

 

女友達などにそれとなく「胸毛のある男ってどう思う?」と聞いてみてはいかがでしょうか?

 

改まって聞くとプレッシャーを与えてしまい本音が聞き出せないと思うので、あくまでも会話の中でさりげなく聞くのがポイントです。

 

毛深い男は絶対だめという女性も中にはいますが、ほとんどは

 

「好きになったら気にならない」

「手入れしてくれていたら大丈夫」

 

このような答えが返ってきます。

 

たとえば、日本の人口が1億2000万人ですが、その半分が女性です。

 

おばあさんや子供を除いても、膨大な数の女性がいます。

 

その中で、胸毛がある人は絶対いやだという女性はほんの一握りです。

 

まずは、このあたりのことを知ることから始めましょう。

 

今はインターネットがあるので、口コミ情報や、ヤフー知恵袋などでプラスの情報を仕入れることができます。

私も同じ悩みを持っていました

私も学生時代は、毛深いことにかなり悩みました。

 

しかし、年齢とともに周囲はそれほど気にしていないことを知り、そして気が楽になりました。

 

30歳を超えると、女性と付き合うにあたり、もうそんなことは一切関係なくなりました。

 

恋人ができるできないなどは、結局は中身の問題だと知ると少し気が楽になります。

 

もちろん、最初の見た目も大切ですが、いきなり胸を見せるわけではないので、きちんとした服装や髪型をしていれば大丈夫なのではないかなと思います。

 

胸毛コンプレックスは克服してしまえばなんでもないことです。でも一番の近道は今ある毛をなくすことかも知れませんね。

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記