胸毛を薄くする方法はいくつかあります。

 

このサイトでは胸毛処理をするに当たっては、今すぐにはではなくても、徐々に薄くなる方法を推奨しています。

 

例えば、毛を剃る「剃毛」をやり続けた場合、毛は何度でも生えてくるので、何度でも処理し続けなくてはいけません。

 

また、続けることにより肌を痛めてしまいますし、彼女ができた際などは彼女に痛い思いをさせてしまいます。

 

【関連記事】

胸毛を剃るのは彼女ができたら止めましょう

 

やはりせっかく処理するのですから、少しずつでも薄くなる方法を選びたいものです。

 

今すぐ脱毛ができて、徐々に薄くなるといったのが理想的ではないかなと思います。

 

そんな方法をご紹介します。

 

胸毛を薄くする処理方法

徐々にでも薄くする方法としては

胸毛 薄くする

  • 抑毛剤を使う
  • フラッシュ脱毛
  • 永久脱毛

などが挙げられます。

 

抑毛剤を使う

パイナップル豆乳ローションなどが代表的です。

 

毛のたんぱく質を溶かす効果や、女性ホルモンと同じ働きをするエストロゲンなどにより 徐々にムダ毛を薄くします。

 

天然成分を使っているため肌にやさしいのですが、使い続けて効果あります。

 

再び男性ホルモン優位になってしまうと、元に戻る可能性があります。

 

最近では豆乳パイナップルローションの除毛クリームなども販売されていますので、これなら抑毛と除毛効果が得られます。

 

フラッシュ脱毛

 

光脱毛・フラッシュ脱毛と呼ばれるもので、最近のエステサロンではメジャーになってきています。

 

毛のメラニン色素にのみ反応する光を当て、毛に熱を持たせることで胸毛が抜けます。

 

さらに、毛の再生組織も熱により弱まりますので、定期的に処理することにより結果として毛が薄くなります。

 

薄くする効果も高いのでおすすめです。

 

永久脱毛

医療機関やクリニックで行われているものです。

 

永久脱毛は医療機関でしかできないことになっています。

 

薄くなるどころか、施術した毛に関しては生えてきません。

 

しかし、保険が利かないので、料金はかなり高くなります。

 

以上が、毛を薄くする主な方法です。

 

おすすめは光(フラッシュ)脱毛

特にオススメなのは、家庭用脱毛器を使ったフラッシュ脱毛です。

 

エステで使われているのと同じなのですが、やはりコストが違います。

 

サロンでやってもらおうとすると、20~30万円ほどになります。

 

逆に家庭用脱毛器を使うと5万円弱で購入することができるので、自分が好きな時間に何回も使うことができます。

(ある程度期間を空ける必要があります)

 

【関連記事】

家庭用脱毛器ケノンは胸毛処理に最適

 

費用対効果がバツグンです。

 

私などは剛毛なので、胸毛を適度に薄くすることができることを理想としています。

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記