春先から夏場にかけて、胸毛がある私たちもTシャツやポロシャツを着る機会が多くなります。

 

それに伴って、私たち毛深い男たちは「胸毛が見えないだろうか」と不安な日々を送ることになります。

 

そこまで言うと大げさかもしれませんが、多かれ少なかれそんな心配がありますよね。

 

Tシャツ・ポロシャツから胸毛を見せない方法

胸毛 Tシャツ

シャツの胸元から胸にある毛を見せない方法をお伝えしたいと思います。

 

私が実際にやっている方法です。

 

まずは、胸元が開きすぎないTシャツやポロシャツを着る

これは大前提です。

 

少し開いていても構いませんが、ポロシャツのボタンを胸の半分 くらいまで開けていても見えない方法というと、

それは脱毛しかありません。

 

Tシャツにしてもポロシャツにしても、鎖骨が見えるくらいまでが限界です。

 

何の限界かというと、オシャレと毛深さとの限界です(笑)

 

これ以上開いた服を着たいなら脱毛などの処理に頼ることになります。

 

胸毛が見えそうなところだけを除毛クリームなどで処理しておく

鎖骨より5センチくらいまでを豆乳などの天然成分の入った除毛クリームなどで除毛しておくと、ぱっと見た感じではわかりません。

 

少し屈んだりした際にも、それくらいの余裕があれば大丈夫です。

 

ただし、小まめに処理をしておく必要があります。

 

透ける色や素材は使わない

特 に白っぽいTシャツは毛が透けやすいので注意が必要です。

 

素材によっては白でも透けないものがありますが、たいていは透けてしまいます。

白はだめです。

 

また、夏場でも重ね着をするのも一つの方法ですね。

 

私の場合はTシャツの上に、麻の襟付きのシャツを着たり、バーバリーのブラックレーベルのポロシャツを着たりしています。

 

バーバリーのブラックレーベルはオシャレでおすすめですが、胸元のボタンが鳩尾くらいまでありますので、開け過ぎないように気を付けましょう。

 

実際にいろんなポーズをとってみて確認する

鏡の前で実際に屈んでみたり、両腕を上げてみたりしながらいろんなポーズを取ってみましょう。

 

あまりに不自然なポーズをとる必要はな いのですが、日常生活であり得るポーズを取ってみて

「どこまでなら胸毛が見えないか」

ということを確認しておくことが大切です。

 

そうしておくことで、例えば前に落ちたものを拾う時でも、膝を伸ばしたまま屈んで拾うのか、膝を曲げて拾うのかが変わってきます。

 

膝を曲げて拾う方が、上体が垂直に近いので胸毛が見える確率は下がります。

 

以上が、私が普段から気を付けているポイントです。

 

あまり意識しすぎると不自然な動きになってしまいますが、着る服の素材や身のこなしなどに気を付けると、Tシャツやポロシャツを着ても胸毛は目立ちにくくなりますので、試してみてくださいね。

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記