胸毛処理の方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

処理方法には、大きく分けて5つの方法があります。

  • 剃る胸毛処理 メリット デメリット
  • 抜く
  • 溶かす
  • 脱色する
  • 抑毛する

それぞれの方法に長所と短所がありますので、ご紹介したいと思います。

 

胸毛処理のメリットとデメリット

ではそれぞれの利点と欠点を見ていきたいと思います。

 

胸毛を剃る(剃毛)

剃るのは一番オーソドックスな方法です。

 

表皮から出ている部分をカミソリやシェーバーなどで断ち切る方法です。

 

どんな部位でもこの方法は使えますが、すぐに伸びてくるので毎日~3日くらいの周期で剃る必要があります。

 

ヒゲなどを毎日剃っている人も多いと思いますが、同じことになります。

 

肌に負担が掛かってしまうので、少し経つとブツブツと毛が目立ってきます。

 

【関連記事】

胸毛を剃る手順

 

抜く(脱毛)

抜く方法には5つあります。

 

  • 毛抜き
  • テープ
  • ワックス
  • 電気脱毛器
  • エステ

などで抜く方法で、毛を根元から引き抜きます。

 

根元から抜くことによって、生えてくるまでに時間がかかり、効果が長い期間持続します。

 

テープやワックスなどは一気に無理に引き抜くので、痛みが強かったり、毛が途中で切れてしまいます。

 

エステや家庭用脱毛器などで慎重に抜いていくと、痛みも少なく確実に処理ができるのでオススメです。

 

しかし、剃る場合に比べると、コストがかかる短所もあります。

 

溶かす(除毛)

 

胸毛を脱毛クリームなどを使って毛を溶かす方法です。

 

表皮から出ているものを溶かすことになるので、剃毛などと同じように効果が短いのがデメリットです。

 

メリットは痛みがないことです。

 

【関連記事】

胸毛に除毛剤、脱毛クリームを使ってみる

 

脱色

髪の毛の脱色剤と同じ要領で毛の色素を抜く方法です。

 

産毛のように薄い毛だとこの方法は一番目立たないと思います。

 

しかし、これも表皮に出ているものだけの脱色をするので、効果は短期的なものになります。

 

私は高校時代によく使っていた方法です。

 

抑毛 (毛を薄くする)

胸毛自体が生えてくるのを抑制するもので、豆乳ローションなどが有名です。

 

【関連記事】

豆乳パイナップルローションを使ってみる

 

女性ホルモンと同じ働きをする『エストロゲン』を肌に塗ることで、ムダ毛が生えてくるのを抑えます。

 

剃ったり抜いたりすることに比べると、肌に与えるダメージはほとんどありません。

 

体験談を見ると、すぐに効果が出る人と、効果がない人いますので、体質に合うかどうかが大切です。

 

即効性がないのと、豆乳ローションなどを塗り続けないと効果を維持することができないのがデメリットです。

 

以上が胸毛処理方法それぞれの長所と短所となります。

 

これらを総称すると、効果が高いのはエステや家庭用脱毛器による脱毛です。

 

痛みも少なく効果が持続します。 予算的に余裕があれば、この方法を試してみましょう。

 

また、長期的に毛を薄くするためには、抑毛剤(豆乳ローション)を使ってみるのも良いですね。

 

以上が、胸毛処理の方法のメリットとデメリットです。

 

すごーい!!全身脱毛してみてよ!!

妻は毛深い私と結婚してくれたので、私の胸毛を気にしていないと思っていました。

しかし、私が家庭用脱毛器を使って胸毛を脱毛すると妻は大喜び!

気にしない振りをしてくれていましたが、本当は私が毛深いことを気にしていたのです。

大切な人のために、大切な人を作るために、あなたも胸毛処理をしてみませんか?

【詳細はこちらから】

本当に胸毛がなくなった!家庭用脱毛器の体験記